進行した食道がんの症状

食事の際に痛みを覚えることや声のかすれ、体重減少、頸部リンパ節の腫れが見られます。

食道がんを初期症状で発見するために

違和感がある場合には、早めに病院で専門医から検査を受けるようにしましょう。思い過ごしかもしれませんが、無駄足を運んだことによる手間や検査にかかった費用は、早期発見の可能性を考えれば十分に意味のあるものです。初期症状のうちに食道がんを見つけることによって得られるメリットと比較すれば、決して損ではないはずです。

また、定期的に検診を受けておくことによって、たとえ自覚はなくても癌が発見されることがあります。目立った兆候のない初期の段階でも、検診や人間ドックをきっかけに発見されることがあります。

食道がんの余命

症状が悪化してしまうと、余命にも影響を与えるようになってしまいます。初期症状の食道がんであれば克服できることが多く、余命に直接的な影響を及ぼさないことが多々あります。分かれ道となるのは早期癌のうちに必要な治療を行っておくかどうかということです。手術や放射線治療といった局所両方は、転移が進んでしまえば効果は限定的になり、たとえ行っても再発の危険が増します。全身療法である化学療法を使うこともできますが、抗がん剤の副作用もありますし、末期に近づくほど効果は薄くなり、余命の延長にはなっても、克服のためには不十分ということにもなりかねません。

食道がんの検査

検査としてはX線検査や内視鏡検査が行われます。X線検査は進行状況や病変の位置を確認するのに向いており、内視鏡検査は小さな腫瘍を診断するのに適しています。癌の深さを調べるためには、CTや超音波内視鏡検査を用います。また、気管支ファイバースコープで気管の状態を確認することもあります。確定診断としては、病巣と思われる部分を摘出し、顕微鏡で癌細胞の有無を調べる生検を行います。

さらに、転移の状態についても調べなくてはなりません。リンパ節転移を調べ兎RにはCTや超音波内視鏡検査を行います。他にも食道癌は肺や肝臓、骨に転移しやすいので、肺転移の検査としてレントゲンやCTを使い、肝臓転移はCTや腹部超音波検査を用います。骨転移の有無はアイソトープを利用した骨シンチという画像診断を使います。

初期症状か進行した状態であるかを問わず、どのような状態であるかを正確に把握することは質の高い治療の前提となります。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた井上俊彦のメディカル・イーティング

食道がんの化学療法

食道がんの生存率

食道がんと食事

食道がん取扱い規約

inserted by FC2 system